上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐゴールデンウィークですね
端午の節句ももうすぐ。
この時期、「こいのぼり」を購入される方も多いのではないでしょうか

そろそろお子様の学資をと考えている方に
賢い学資保険の掛け方をお話します

4人の子育ての経験上得たポイントをお話します。
うちでは一人最低500万円は用意しています。

1.満期時に保険料払込総額よりたくさん受け取れるものを選ぶ
 
計算してみてください。  
払い込む総額と受け取る総額どちらが多いですか?
受け取る総額の方が少ない方は見直しをお薦めします
私はこういうお客様をプラスにしてきました

特約で医療保障が付いている場合は保障部分の保険料が掛け捨てとなるため払込総額より受け取る額の方が少なくなります。
学資のための貯蓄が目的でしたら特約をはずすと貯蓄性が増しますね。
医療保障は子供用の共済などで安くするとよいでしょう。

2.できるだけ早い時期に加入する
 満期までの積み立て期間が短いほど月払保険料が高くなります。
少しでも月々の負担を減らしたい方は早めの加入をお勧めします。
利息を増やすためにも早めが良いです 

3..できるだけ短期払いにする
 運用期間が長いほどより多くの利息が付きます。
払込期間は短くして運用期間を長くしましょう!!
子供にそれほどお金のかからない中学入学までには払込を終了しておくと安心でしょう。
10年払や一括払など払方は色々あります

4.両親の死亡保障もかねた保険で運用し、全体的な保険料を抑える
 学資保険は貯蓄と同じなので保険料が高めです。
ほとんどのご家庭では別に親の死亡保険などを掛けているでしょう。
合わせると相当な額になるのではないでしょうか。
そこで親の保険を貯蓄型の終身保険や養老保険を短期払いにしたらどうでしょうか。
学資資金が必要な時に解約して使うことができます。
その上解約するまでは親の死亡保険になります。

我が家の場合、一時払の貯蓄型終身保険も利用しています。
子供が17歳の時に解約して学資資金にします。
解約するまでは親の死亡保険として機能するので親がもしもの場合には払込終了で学資金より多くの死亡保険金が受け取れます。
スポンサーサイト
お子様のいる御家庭では将来お子様の学資資金のになるように学資保険を考えたことがあると思います。
4人の子育ての経験上得たポイントをお話します。

1.満期時に保険料払込総額よりたくさん受け取れるものを選ぶ
 特約で医療保障が付いている場合は保障部分の保険料が掛け捨てとなるため払込総額より受け取る額の方が少なくなります。
学資のための貯蓄が目的でしたら主契約だけにするのがお薦め。
医療保障を共済などで補のも一つです。

2.できるだけ早い時期に加入する
 満期までの積み立て期間が短いほど月払保険料が高くなります。
少しでも月々の負担を減らしたい方は早めの加入をお勧めします。 

3..できるだけ短期払いにする
 短い期間に払い込むほどより多くの利息が付きます。
子供にそれほどお金のかからない中学入学までには払込を終了しておくと安心でしょう。
10年払や一括払など払方は色々あります

4.両親の死亡保障もかねた保険で運用し、全体的な保険料を抑える
 学資保険は貯蓄と同じなので保険料が高めです。
ほとんどのご家庭では別に親の死亡保険などを掛けているでしょう。
合わせると相当な額になるのではないでしょうか。
そこで親の保険を貯蓄型の終身保険や養老保険を短期払いにしたらどうでしょうか。
学資資金が必要な時に解約して使うことができます。
その上解約するまでは親の死亡保険になります。

我が家の場合、一時払の貯蓄型終身保険にしています。
子供が17歳の時に解約して学資資金にします。
解約するまでは親の死亡保険として機能するので親がもしもの場合には払込終了で学資金より多くの死亡保険金が受け取れます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。