上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子宮頸がんの罹患者が増えています
死亡も増えてきました
子宮頸がん

全体のがんの中に占める割合もこんなです
女性がん

子宮がん検診は必須ですね
私も7月に人間ドック受けてきてやっと結果が出ました
セーフ  ^ 0 ^


子宮頸がんは保険で言う「上皮内がん」にあたります
上皮内がんは対象外という保証もありますので
自分の保険をよく確かめましょう!!
「三大疾病特約」のほとんどは上皮内がんは対象外ですよ
写真 (5)
スポンサーサイト
やまぎわライフプランの山際です

最近の新聞から人ごとではない記事を見つけました

日本人女性の16人に1人は癌になるとされているそうです(新潟日報記事より)
特に30代から増え始める乳がん患者にとって仕事の有無は大きな問題です

新潟県の乳がん患者は新聞記事の棒グラフの通り増え続けています
しかも働き盛りの40~50代に多いそうです
a.jpg

胸の温存手術では術後25回放射線治療で通院する必要もあります
入院は短くなる傾向で、通院での抗がん剤治療が増えています

月10万円を超える高額治療もあり、仕事を辞めると困る方は多いです
有給休暇がしっかり取れる職場は良いのですが

ら

こうした状況を考えると
がん保険にしっかり加入することをお薦めします
以前から私は 
「がん保険と貯蓄があれば一まず安心。なるべく保険はシンプルに」
と訴えてきました

もう一度あなたの保険を見直してみませんか

保険相談は「やまぎわライフプラン」の山際澄子に
yamafp45@gmail.com

一生の間で癌にかかる率(罹患率)は

男性で2人に1人、女性で3人に1人と言われています
10年後には、3人に2人ががんに罹り、2人に1人ががんで死亡するといわれている。
また、がん患者のうち、現に継続的な医療を受けている者の数は128万人。
これは日本人の約1%
(厚生労働委員会調査室:ガンの医療費問題から抜粋(2007年))

驚きですねー

しかも癌検診が進んでいる昨今、初期で見つかれば治癒の可能性も大きくなっているそうです。
先進医療も発達していますから、治癒率に拍車がかかりそうですね
しかし先進医療は公的健康保険が使えませんので多額の費用がかかります

★対策(入院費より抗がん剤に備えるためにはお金)
・貯蓄をしておく
・全額給付金が出る保険に入る
・ガンと診断されたら一時金が沢山出る保険に入る
・上皮内がんでも給付金がしっかり出るタイプのがん保険を選ぶ
・がんと診断されたら保険料払込免除、収入保障されるものを選ぶ
「子宮頚がん」って最近ワクチンで予防できるなどとニュースで取り上げられていますよね

「子宮頚がん」は上皮が崩れそこに発がん因子が加わるとガンに移行するタイプの癌なんです。
このがんのうち50%以上が上皮内がんと言われています

この上皮内がんが進行すると悪性ガンと言われる浸潤したガンになります

最近私の周りで子宮頚がんが見つかる人がポツポツと
子宮ガン検診で見つかるので早期治療で治癒するそうです

ガン保険に入っていてもこの「上皮内がん」は対象外のものがあります。
注意を呼びかけていますが、今回子宮頚がんが見つかった友人は昔のガン保険で対象外でした
入院しても何しても全く給付金は出ません
自分の証券をチェックしたほうが良いですね

最近は入院日数が短いので診断金がたくさん出るものがお勧めでーす
悪性がん(浸透しているがん)、上皮内(初期がん)で一時金が出るものにニーズが高まっていますね

病気、けが、ガン何でも入院一日○○○○円、
あらゆるガンの診断金○○○万円、
手術○○○万円
先進医療で実費保障

というシンプルな医療保険が人気です
一生の間で癌にかかる率(罹患率)は

男性で2人に1人、女性で3人に1人と言われています

驚きですねー

しかも癌検診が進んでいる昨今、初期で見つかれば治癒の可能性も大きくなっているそうです。
先進医療も発達していますから、治癒率に拍車がかかりそうですね
先進医療は公的健康保険がききませんから、貯蓄をしておくか、先進医療で給付金が出る保険に入ると安心ですね

ガン診断給付金も多いものを選ぶと安心ですね
一時金が沢山入ればどんなことにも使えますから。

湯治に行くとか代替療法を試みるなど・・・

悪性がんはもちろん、上皮内がんでも給付金がしっかり出るタイプのがん保険を検討されるとよいでしょうね
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。