上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ねんきん定期便」ご存知ですか?
加入者全員に対し、年金履歴を通知する「ねんきん定期便」が2009年4月から実施されます。
35歳の誕生日月の前月と、58歳の誕生日翌々月に送付されます。
これに先立ち「ねんきん特別便」が今年12月から約一年かけて送付されます。
現役加入者、受給者約1億人に送付される予定です。
とても大切なものですから必ずチェックしましょう。

公的年金だけでは・・・
年金加入履歴を確認して全ての期間加入していたとしてもそれで安心はできません。
公的年金だけでは満足な老後生活を送ることができないのです。
具体的に老後資金をシュミレーションしてみることが大切です。
ウェブ上には色々な計算ツールがありますので気軽に試してみてはいかがでしょう。

40年間国民年金に加入、
サラリーマンの場合老齢厚生年金がプラスされます。
その場合厚生年金に40年間加入・平均標準報酬月額200,000円とする

・S41.4.2以降生まれ
65歳から月6.7万円(サラリーマンの場合12.4万円)

・S40.4.2以降生まれ
64歳から月 0円(サラリーマンの場合5.7万円)
65歳から月6.7万円(サラリーマンの場合12.4万円)

・S30.4.2以降生まれ
60歳から月 0円(サラリーマンの場合5.7万円)
65歳から月6.7万円(サラリーマンの場合12.4万円)

・S21.4.2以降生まれ
60歳から月 0円(サラリーマンの場合12.4万円)
65歳から月6.7万円(サラリーマンの場合12.4万円)


多分こんなに少ないのーという感想を持たれたのではないでしょうか。
国民年金だけの場合と、厚生年金がプラスされる場合では大きな差が付きます。
将来ゆとりある老後を送るためにも民間の年金保険などで増やすことも考えないといけないのではないでしょうか。

また、国民年金保険料の払い方を工夫すると割引になることがあります。
・保険料を前納すると、年率4%(1か月複利)の割引制度があります
現金で払う場合は、4月から翌年3月までの1年分を前納すると、07年度には年間で3000円の割引でした。年度途中でも、納付月数に応じた割引額が適用されます。
前納に口座振替を利用すると、さらに割引も。1年分または半年分に限定されますが、1年分で計3550円お得です。
 08年度分の割引額は2月ころに決定します。新規に口座振替を利用する場合、社会保険事務所への申し込み締め切りは、例年2月末です。
・月払での口座振替には、早割制度も。初回だけ前月分と当月分の2か月分の保険料を納めれば、当月分から月50円割引かれ、年600円得です。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。